スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みのおキッズシアター第8弾

毎夏の恒例ですね
ベテラン役者も、子供と動物には勝てんとよく言いますが
毎年、すごい奴らがまぎれてます。
僕は毎年のように子供らにいたぶられるのを楽しんでます。

きたかぜの神話
「遙かなる星空の友情」編
今年もお見逃しなく!吉本新喜劇でおなじみのベテラン女優末成由美さんと
公募の子ども達による笑いあり、涙ありのハートフルコメディー第8弾。 

kids8表2_convert_20130825163709

kids8裏_convert_20130825164100


【公演日時】2013年8月31日(土) 開演午後4時(開場3時30分)
      9月 1日(日) 開演午後1時(開場12時30分)
【会  場】箕面市立メイプルホール大ホール
【チケット発売】会員:6月18日(火) 一般:6月25日(火)
【チケット料金】一   般 おとな/1800円 高校生以下/600円
        会員・団体 おとな/1500円 高校生以下/500円
        全席自由席
        ※団体・・・10名以上 ※3歳以下無料。ただし、座席が必要な場合は料金をいただきます。
        ※箕面市立北小学校区外の小学生は保護者と一緒にご来場下さい。
 
【チケット販売所】●メイプルホール 072-723-2525   ●東生涯学習センター072-729-1145
         ●グリーンホール 072-723-2525   ●西南公民館072-723-5222
         ●箕面文化・交流センター 072-721-1901
         ※電話予約はグリーンホールのみ
【お問い合わせ】 グリーンホール072-723-2525

主催:公益財団法人箕面市メイプル文化財団 
後援:関西俳優協議会、箕面おやこ劇場、箕面市音楽協会、箕面市こども会育成協議会、箕面市青少年指導員連絡協議会、箕面市、箕面市教育委員会(順不同)
協力:(株)アイ・エス・エス、(有)ビックワンウエスト、Emotion Factory、(株)よしもとクリエイティブ・エージェンシー、北芝解放太鼓保存会鼓吹(順不同)
スポンサーサイト

みのおキッズシアター第7弾

 残暑といいますか
まだまだ酷暑と雨に振り回される日が続きますが、
いかがお過ごしでしょうか?
さて毎夏、恒例の箕面での舞台をご案内をさせていただきます。
ちょっと直前ですけど。

みのおキッズシアター きたかぜの神話 with 末成由美
第7弾「世にも不思議な夏休み」

kitakaze7a_convert_20120817171419.jpg

kitakaze7b_convert_20120817171549.jpg


 一般公募で集まった42人(俳優28人、ダンス14人)の
小3から高3までの子供たちが、
一ヶ月半の基礎練習と、
彼らのために書き下ろしたオリジナル台本を、
一ヶ月半の稽古で、舞台にあげます。
あくまで主役は彼らですが、
脇を吉本新喜劇の末成由美さんと私たち大人と和太鼓で、色づけるというわけです。

民話を取り込んだダンス&コメディ仕立てになっていますが、
社会を取り巻く問題提起も折り込み、
大人にも子供にも楽しめる舞台になっているものと思っています。

原案・脚本・演出 小寺弘之   作 藤原伊織    振り付け 生駒里奈

日時:2012年8月25日(土曜日)開演16:00 (開場15:30)
          26日(日曜日)開演14:00 (開場13:30)

場所:箕面市立メイプルホール 大ホール

銀の扉、終了しました。

銀の扉美術夕方ラスト


もう一週間が経とうとしている、公演が終わってから。
ご観劇くださった方々、並びに関係者方々、本当にありがとうございました。
成果と課題も毎度のこと、山盛りで、厳しいご意見も暖かいご声援も頂きました。
次なるものに向かう意気がますます上がってきました。


写真はラストシーンの美術とあかりです。

Emotion Factory 第13回公演 「銀の扉」

Emotion Factory 第13回公演『銀の扉』

さて、この度、第13回公演を行うことになりました。12年前に初演した作品の再演となります。当時の作、演出者は退団し、出演者も3人以外は、違う顔ぶれになリました。
昨今の事象に際し、個人がどう生きるか、世界と関わるのかが、よく問われているわけですが、“幸せを感じる能力”みたいなものも単純に考えているこの頃です。

gindoorFF

gindoorFR




作 原作/大輪全功
脚色・演出/猪岡千亮

出演

菊池潤 鶴留真由 三好圭祐 

今中黎明(オリゴ党) オットー高岡(流星倶楽部) 
思い野美帆 川上一美(劇団夢売り芝居)
黒木保子 ことぶきつかさ
堺のぞみ(ゲキバコ!) 寒川雅彦(Iプロジェクト)
壷阪英理佳 中村ゆり(魚クラブ)吉田智道
   
殿村ゆたか(メロン・オールスターズ) 猪岡千亮


~あらすじ~

とある下町のおんぼろアパート
たくましく、かつエキセントリックな人生のアウトサイダーたちの住みかである
二ヶ月ほど前から、一組の男女がその一室を借りた
どうやら週末ごとに、ここの部屋を密会の場所としているらしい
男は、なぜ名前を偽ってこの部屋を借りたのか?なぜ妻に内緒で女と会っているのか?
愛する人を失った者の悲嘆と希望、生かされた者の感謝と報恩
周りを巻き込みながら、行きついた想いは複雑に交錯し、誤解と迷いが生まれる
この男女の想いに出口は見つかるのだろうか?
臓器移植を背景にした、哀切と可笑しみの漂う物語です。



日時 
2012年2月 4日(土)15:30~/19:30~
        5日(日)12:00~/16:00~

場所     シアトリカル應典院 本堂ホール

前売・予約  2300円  / 当日券 2600円
中高生        前売・当日共に1,200円

会場の混雑状況によりましてはお席が確保できない場合もございますので、ご予約をおすすめいたします。

ご予約方法  
お名前、希望日時、人数、券種 管理用(劇団メール予約の場合、猪岡と記載)をご確認のうえ
下記方法□の方法か、△猪岡までご連絡願います。

□パソコン・携帯  http://481engine.com/rsrv/webform.php?sh=2&d=ad588c2f5b 
□劇団       emofac@gmail.com 090-1710-8910

△猪岡      inooka6@gmail.com

箕面キッズシアター第六回公演

kita6a


毎年恒例の
演技とダンスの公募で集まった子供たちと末成さんたちとやるお芝居です。

ことしもすごい子供が現れました。
こうなると我々大人の小手先は完全に食われます。


3か月のあいだに
ほとんど初舞台に近い子供たちが変わっていきます。
笑いと社会的風刺をふんだんに入れて、

子供も大人も十分に楽しめます。
普段の猪岡では観られない役だったりしますが、
子供たちがこんなことできるんだというのを観てほしいと思います。

kita6b

クリックで画像大きくなります。

箕面キッズシアターwith末成由美 第六弾 きたかぜの神話 大切な夏の冒険編
(相変わらず長いタイトルだ)


日時:8月27日(土)16時開演(15時30分開場)
   8月28日(日)14時開演(13時30分開場)

会場:メイプルホール 大ホール(阪急箕面駅南西徒歩5分)
072-721-2123
        

料金:大人1,800円(会員1,500円)
   高校生以下600円(会員500円) 
   *全自由席
   ◆3歳以下無料。ただし、席が必要な場合は料金をいただきます。





        
   
直近の舞台
出演
みのおキッズシアター
平成25年8月31日16:00
9月1日13:00
於、箕面メイプルホール
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。